(一社)長野県タクシー協会認定の観光ガイドタクシーで、長野県の観光をトッピングしませんか

タクシーの種類

一言にタクシーといっても色々な種類のタクシーがあります。目的や用途に合わせてご活用ください。

普通タクシー

普通タクシー

長野県では、運転者を含め5人または6人乗りの車両を普通車として車種区分の認可を得ております。
  外見からは判断できませんが、前席がベンチシートとなっているものが6人乗りであり、セパレートシートが5人乗りとなっております。運賃は同額です。
  また一部に車椅子により乗降できる車両で通常の使用形態との兼用車のうち5人乗り以下の車も普通車区分となっております。

大型(福祉)タクシー

大型(福祉)タクシー

身体障害者輸送車(患者輸送車・車椅子移動車)であって乗車定員7人以上のもの 。

 排気量2リットル(ディーゼル機関を除く)を超えるものであって6人以上のもの通院・転院・通所などへ車椅子・ストレッチャーを使用する場合にご利用ください。

特大(ジャンボ)タクシー

特大(ジャンボ)タクシー

乗車定員7人以上のもの(除く大型車)となっております、県内の大半が、運転者含め10人乗りです。
 
グループの旅行などに広くお使いください。

▲ページの先頭へ

サイトマップ