(一社)長野県タクシー協会認定の観光ガイドタクシーで、長野県の観光をトッピングしませんか

タクシーQ&A

長野県のタクシー事業者は、県民の皆様や当県を訪れてくださる観光客の皆様に対し公共交通機関の一翼を担うため安全・快適・迅速を旨としております。
タクシーは、老若男女誰でも、24時間いつでも、戸口から戸口の何処へでも安心して気軽にご利用をいただくため、事故防止活動・サービス向上運動・IT機器の導入などに努めております。
 また 高齢化社会への対応など利用者ニーズに呼応した地域に密着した取り組みも行っております。

8月5日はどうしてタクシーの日なのですか?

大正元年8月5日 東京都有楽町にメーター器の付いたタクシーが誕生しました。 毎年この日を「タクシーの日」と定め全国一斉に盛大な記念行事が行われることになりました。そのときのタクシー料金は、最初の1マイル(約1,600m)が60銭でした。
 一方長野県では、タクシーという名前では、長野市が昭和44年11月、松本市が46年7月よりタクシー化が図られタクシー運行が可能となり全県に広がりました。  なお長野県のタクシーのルーツは、大正8年3月21日で宇都宮駒雄氏が上水内郡三輪村(現長野市)で許可を取得し個人開業したのがルーツとされております。

▲ページの先頭へ

自家用車をもつよりタクシーを利用した方が、安くて安全だと聞いたのですが本当ですか?

自家用車は、便利が故に広く普及しておりますが、燃料の高騰や環境問題を考え、公共交通機関に乗り換えませんか。
当長野県の普及率は(自動車1両あたりの人口は1.26人で全国第2位、1世帯あたりの車両は2.35台で全国第3位)目を見張るものがあります。
しかし現在自動車の環境問題、高齢者による自動車事故等 車社会に対する弊害も発生しております。
  そこでタクシー協会からの提案として自家用車の維持管理にかかる費用とタクシーを利用する場合との比較をしてみましたので自家用車の利用頻度に合わせご検討されることをご提案申し上げます。
  なおタクシーの大半は、環境に優しいLPG燃料を使用しております。

<例> タクシーに365日毎日約7.7Km乗ってもまだ安い

車両本体 2、347、850 (付属品含む)
諸費用 95、350 (諸費用・消費税・その他)
諸税 77,300 (自動車税・重量税)
自賠責保険 30,680  
任意保険 80,170  
2年目経費 119,670 (任意保険・自動車税)
3年目経費 254,000 (自賠・任意・重量・自動車税・車検費用)
4年目経費 119,670 (任意保険・自動車税)
5年目経費 254,000 (任意保険・自動車税・車検費用・自賠)
点検費用 100、000

(1年@50,000×2) ・油脂費等

燃料代 650,000 (@10km/リットル 130円/リットル 1万キロ/年)
駐車場代 900、000 (@15,000円/月)
合計 5,028,690  

5,028,690円÷(365×5)=2,755円
2,755円分のタクシー代は、普通車で約7.7km乗車できる金額です。

▲ページの先頭へ

車椅子を利用している父を病院まで運びたいのですが、どうしたらよいでしょうか?

介護保険法の施行や全国有数の高齢化の進んでいる当県などの実状を認識し、タクシー事業者も福祉施設・病院などへの移送のため乗務員がヘルパー資格を取得して何らかの障害をお持ちの方や、高齢者の方でご自分おひとりでの移動や身の回りのことが困難な方のお手伝いを一部事業者ではありますが積極的にさせていただいておりますので安心してご利用願います。
  但し 通常の乗降に係わるお手伝いは、従来同様無料ですが乗降以外に付帯するものは、有料となっておりますので事業者にお問い合わせの上宜しくお願い致しまます。

▲ページの先頭へ

風邪をひいてしまい外出できないので、処方箋を取ってきてほしいのですが

そのようなときは、タクシー会社に連絡をしてみてください。タクシーで応じます。(通称:便利屋タクシー)
タクシーは、365日24時間営業しており(一部除く)それぞれ地域に密着した運行(便利屋タクシー)をしておりますので安心してご依頼願います。
  処方箋は一例でありますが病院の順番取り,急を要する小物の輸送等タクシー事業者にご相談ください定期的に行われるものでなければ可能です。(貨物運送許可が必要なため)

▲ページの先頭へ

急用ができ子供を保育園に迎えに行けなくなってしまったのですが?

気軽にお願いできる人がいない場合はお困りのことと思います。そのようなときは地元のタクシー会社に連絡を頂ければタクシーで大事なお子さまを責任もってお送りいたします。

▲ページの先頭へ

遠方にいる実家の母が一人暮らしをしているので心配です。何か良い方法はないでしょうか?

タクシー会社の民間救急サービスをご存じでしょうか?  これは一人暮らしの高齢者などの方に登録会員なっていただき、電話回線を使った通信機器を居所に設置し(付属機器としてペンダント型あり)救急を要する場合にタクシー会社(365日24時間営業)に連絡が入るシステムです。
  連絡を受けたタクシー会社は、一番近くにいるタクシーに連絡しお母さんの所に向かわせます。そしてお母さんの状態に合わせ救急車を呼ぶ・タクシーで病院に送る・家族に連絡する等の判断をし対応をします。
  これらの事業については、機械警備業法にもとずき有資格者の配置により行うものであり、最近では市町村とタイアップして実施しているところもあります。

▲ページの先頭へ

タクシーの運賃はどうやって決まるのですか?

タクシー運賃も一般の物やサービスと同じように、燃料代・人件費等細かな原価構成科目に分類(運輸会計規則による)され原価計算査定を受 北陸信越運輸局長より認可されています。
しかしタクシー運賃は、公共料金との位置づけにより低く押さえられた時期がありそれが現在の他産業格差の元となっていると思われます。

▲ページの先頭へ

タクシーをいつも利用しているのですが何か割引制度があるのですか?

現在認可により割引が認められているものに福祉割引、遠距離割引等がございます。

そして新たに 平成19年6月15日より運転免許返納高齢者割引が加わりました。
福祉割引については、身体障害者・知的障害者の方の社会参加をお手伝いするため、それぞれの手帳(身体障害者手帳・療育手帳)を乗車の際に提示していただければ、運賃の1割を割り引くものでございます。

新たに導入された運転免許返納高齢者割引は、高齢者による加害事故を減らすため、公安委員会が発行した{運転経歴証明書}を乗車の際に提示していただければ、運賃の1割を割り引くものでございます。
遠距離割引については、長距離により運賃が9,000円を超えた場合、その超えた額の1割を割り引くものであります。

▲ページの先頭へ

タクシーの運転者は、一般の運転免許とは違うのですか?

タクシー運転者は、普通第二種運転免許証を取得している者でなくては人命を輸送するタクシードライバーになれません。
普通第二種運転免許証を取得するには、普通の車の運転経験が一定期間必要で、経験後再度指定教習所等に通い、タクシードライバーとしての講習実習をして試験に合格しなければなりません。

▲ページの先頭へ

タクシーに関する規制緩和について現在どのような状況で進んでいるのでしょうか?

50年ぶりに、需給調整規制廃止を主とした改正道路運送法が施行され6年目になりました。この間のタクシーの規制緩和について検証した結果タクシーの規制緩和は、経済学的には失敗であったとの答申報告が出ました。緩和による影の部分の改善について業界上げて取り組んでおります。
  そこで今タクシー業界では、利用者の皆様の安全が今後とも確保でき、どなたでも安心してご利用いただけるよう努めて参ります。
  136社のタクシー事業者は、地域の総合生活移動産業として接客サービスを始め、利用者サービスについて 真剣に考え、実行することをお約束いたします。

▲ページの先頭へ

サイトマップ