(一社)長野県タクシー協会認定の観光ガイドタクシーで、長野県の観光をトッピングしませんか

さわやか信州観光ガイドタクシー トッピングスポットとお勧めコース 「飯田市・下伊那郡」方面

トッピングスポット

<飯田市内>方面

写真:天竜舟下り写真:天竜舟下り

菱田春草生誕地(横山大観、下山観山と並ぶ明治超画家、美術博物館に作品が常設展示)・りんご並木(昭和22年の飯田の大火後、東中学校の生徒が美しい街並みをと道の真ん中にりんごの木を植えた)・飯田の水引(全国の生産量の7割超)・天竜下り(弁天~時又・天竜峡~唐笠と2路線30~60分)・元善光寺(長野の善光寺はここから変遷した)・麻績の舞台校舎(県最古の校舎、一階は歌舞伎舞台として使用できる)・福姫(すごい方が飯田に縁があったのだ。徳川家康・織田信長両武将の孫娘)・小笠原書院(1617年徳川家康の命により伊豆木小笠原長臣が居館した舞台造り国重文)・開善寺(山門は室町初期で唐様式、当初は二階建てであった。国重文)
<飯田以北>方面
阿島傘伝承館(飯田藩士知久氏領で武士の内職として始められた400年の歴史。要予約)・竹之内住宅(伊那谷の代表する本棟造り、現在14代目。内観は要予約)・南アルプス眺望(山麓線やフルーツロードは晴天の日には赤石山脈の峰々がきれいに見えます)・蘭ミュージアム(蘭研究の権威、唐沢耕司博士開設、世界の蘭が楽しめる)・中央構造線(関東から九州に延びる大断層、路頭も確認できる)
<東山道>方面
神坂神社(東山道旧街道脇)・広丞院(月見堂とも言う、伝教大師-最澄が東山道最大の難所御坂峠長野県側と岐阜県側へ休憩所-寺院を建立)・信濃比叡(天台宗開祖者最澄との縁が大変深い事から、平成12年に比叡の称号使う事が認められ信濃比叡根本中堂新築した)・長岳寺(武田信玄は、阿智村で亡くなり、長岳寺で火葬した。遺言で死後3年は死を隠せ。そして甲州へは身代わりを立てて戻った)・伊那谷道中(江戸~明治初期の民家等を再現したミュージアムパーク、満願成就の湯も楽しめる)・貧乏神神社(傑作々々!ここに参って貧乏ふっとばせ!御神体を力いっぱいぶっ叩く、笑う人には福来る。)・富士見台高原散策(360度の眺望、富士山が見える、そのはらロープウェイ)
<南信州の秘境編>方面

写真:下栗の里写真:下栗の里

神が舞い降りる遠山郷=しらびそ高原(眼前に聖岳に手が届くほど迫ってきます。)・下栗の里(オーストリアのチロルに似たメルヘンチックな何とも言い難く思わずわ~ッっと言ってしまいます。一見すべく里です。写真撮ってポスターにすると良い)
<天竜川東地域 番外編>方面
三石の甌穴(天竜川の川底が現在より45m高い所に)・神之峰城址(知久氏の居城跡)

▲ページの先頭へ

三時間お勧めコース

  • 18‐① 飯田駅(天竜峡駅、バスターミナル)⇒りんご並木⇒飯田藩士小笠原秀政の妻「福姫」の墓⇒飯田城跡(赤門、美術博物館)⇒元善光寺⇒麻績の舞台校舎⇒水引工芸館⇒小笠原書院⇒開善寺⇒飯田駅(天竜峡駅、バスターミナル)
  • 18‐② 飯田駅(天竜峡駅、バスターミナル)⇒天竜舟下り⇒小笠原書院⇒開善寺⇒水引工芸館⇒飯田藩士小笠原秀政の妻「福姫」の墓⇒飯田駅(天竜峡駅、バスターミナル)
  • 18‐③ 飯田駅(バスターミナル)⇒阿島傘伝承館⇒竹之内住宅⇒南アルプス眺望⇒蘭ミュージアム⇒大鹿村・中央構造線博物館⇒飯田駅
  • 18‐④ 昼神温泉⇒神坂神社⇒広丞院(月見堂、信濃比叡)⇒信玄終焉の寺・長岳寺⇒伊那谷道中⇒貧乏神神社⇒飯田駅(バスターミナル)
  • 18‐⑤ 平岡駅⇒しらびそ高原⇒日本のチロル・下栗の里⇒平岡駅

▲ページの先頭へ

タクシー会社

会社名 電話番号 FAX番号 備考
朝日交通株式会社 0265-53-1212 0265-22-3731 そばタクシー 可
有限会社中央タクシー 0265-23-5882 0265-23-1615  
丸茂自動車有限会社 0265-36-3333 0265-36-5083  
㈱おさひめコーポレーション 0265-22-2940 0265-22-2962  
有限会社飯田タクシー 0265-22-1111 0265-24-1123 そばタクシー 可
南信州広域タクシー有限会社 0265-28-2800 0265-25-2155 そばタクシー 可

 

▲ページの先頭へ

サイトマップ