(一社)長野県タクシー協会認定の観光ガイドタクシーで、長野県の観光をトッピングしませんか

さわやか信州観光ガイドタクシー トッピングスポットとお勧めコース 「木曽南部」方面

トッピングスポット

<南木曽・山口>方面

写真:桃助橋写真:桃助橋 写真:妻籠宿写真:妻籠宿

三留野宿 (交通の要所として妻籠宿と並んで栄えた宿場 卯建.出梁.塗屋造りの民家)・等覚寺 (円空仏「韋駄天.天神.弁財天の3体」)・桃介橋 (木曽の電力開発に力を尽くした福沢桃介が読書発電所建設時、資材運搬するために架けた「国の重要文化財」)・桃介記念館 (桃介の別荘.川上貞奴「日本最初の女優.桃介愛人」の写真.遺品が展示されている)・天白公園 (ツツジの名所 ナギソミツバツツジ群生地)・読書発電所 (電力王 福沢桃介により大正11年建設「国の重要文化財」)・妻籠城址 (戦国時代から木曽の南のおさえとして重要されていた)・妻籠宿 (江戸から42番目の宿場 全国ではじめて古い街並みを保存した宿場町:国の重要伝統的建造物群保存地区)・口留番所跡 (戦国時代~17世紀半ばまで関所が置かれていた)・高札場 (「官報掲示板」牧夫が庶民に対し禁制や法度等を示したもの)・妻籠宿本陣 (島崎藤村の母の生家)・脇本陣奥谷 (代々脇本陣.問屋を勤めた家.大名.公家が使った生活用品.古文書等展示「国の重要文化財」)・歴史資料館 (町や木曽路の歴史等を模型や映像を用いて展示)・桝形の跡 (防塞施設として敵の侵入を阻む為に道を直角に折り曲げた)・光徳寺 (明応9年に開山されたウグイス張り廊下)・生駒屋 (妻籠塾保存運動の原点)・上嵯峨屋 (妻籠でも古い建物 18世紀中期の木賃宿「有形文化財」)・石柱道標 (中仙道と飯田道の分岐点)・男滝.女滝 (吉川英治の「宮本武蔵」の舞台となった滝)・馬籠宿 (木曽11宿の一番南の宿場町 坂道の両側には復元された古い家並みが続く)・馬籠脇本陣資料館 (当時の宿場や木曽谷の生活等を伝える品を展示.木曽街道の句碑)・永昌寺 (島崎藤村の菩提寺)・藤村記念館 (島崎藤村の生家 原稿.愛用品を展示)・清水屋資料館 (藤村縁の品を展示)・槌馬屋資料館 (藤村縁の品を展示)・一石栃 (白木改番所跡)・木地師の里 (伝統工芸品.南木曽ろくろ細工.檜笠)・柿其渓谷 (大正11年に作られた物で、現存する戦前の水路橋としては最大規模「国の重要文化財」)
<大桑>方面
野尻宿 (40番目の宿場 曲がりくねった町並み「七曲がり」)・阿寺渓谷 (狸ガ淵.犬帰りの淵)・妙覚寺 (マリア観音)・須原宿 (清水が湧く宿場 丸太をくりぬいた水舟 名物.花漬け)・定勝寺 (マリア地蔵.ウグイス張り廊下.定勝だるま挫像.桃山建造物「重要文化財」)・岩出観音 (木曽の清水寺 木曽三大馬頭観音の一つ)
<上松>方面

写真:寝覚の床写真:寝覚の床

上松宿 (木曽11宿のほぼ真中.檜の集散地として栄えた宿場)・寝覚めの床 (花崗岩.浦島堂「浦島伝説」)・寝覚めの床美術館 (日時計モニュメント.各種彫刻)・木曽の桟 (中山道の難所)・赤沢の美林 (日本三大美林の一つ.森林鉄道)・玉林院 (木曽義仲の子.玉林が創建)・小野の滝 (浮世絵「中仙道六十三次」にも描かれた木曽八景の一つ)

▲ページの先頭へ

三時間お勧めコース

  • 14‐① 南木曽駅⇒妻籠宿⇒(中山道)⇒馬籠宿⇒中津川駅
  • 14‐② 南木曽駅⇒妻籠宿⇒桃介端⇒柿其渓谷(または阿寺渓谷)⇒南木曽駅
  • 14‐③ 木曽福島駅⇒赤沢美林(森林鉄道)⇒寝覚めの床⇒妻籠宿⇒南木曽駅

▲ページの先頭へ

タクシー会社

会社名 電話番号 FAX番号 備考
株式会社 南木曽観光タクシー 0264-57-3133 0264-57-2233  
おんたけタクシー 株式会社 0264-22-2525 0264-22-2037  

 

▲ページの先頭へ

サイトマップ